症状から施術を探す
しみ しわ たるみ くすみ 毛穴 にきび にきび痕 むくみ 疲労 ストレス

しみ(シミ)

しみ(シミ)の原因

しみ(シミ)にはいろいろな種類があります。肝斑、雀卵斑、老人性色素斑、炎症後の色素沈着などがあります。皮膚の浅い部分にメラニン色素が異常に増殖したり、色素沈着した状態がしみ(シミ)と言われています。

個人差がありますが、改善を期待できます。

しみ(シミ)のできる原因はさまざまですが、約80パーセントは紫外線によるものです。

紫外線

日光を浴びると、紫外線を真皮に届かせないようにするために、メラニン色素たくさん作られます。通常は、メラニン色素は表皮細胞とともに皮膚の表面に押し上げられ排出されます。ところが、日焼けした肌は新陳代謝のリズムが乱れて、メラニン色素が排出しきれず、ずっと肌に残り皮膚内部に沈着し、しみ(シミ)のもとになってしまいます。

しみ(シミ)には紫外線などの外因性によるものだけでなく、内因性のものもあります。

女性ホルモン

妊娠の初期にしみ(シミ)が目立ってくることがよくあります。これは妊娠すると卵巣からでる黄体ホルモンが、メラニン色素を増加させる働きがあるためと考えられています。また、女性ホルモンのバランスが乱れた時もしみ(シミ)が出来やすいとされています。

ストレス・過労

ストレスや過労は、メラニン色素をつくる色素細胞を刺激するホルモンの分泌を増加させるため、しみ(シミ)の原因になるといわれています。

不規則な生活・偏食・たばこ

不規則な生活や食生活の乱れ、喫煙は、血液の流れを滞らせ肌の透明感が失われてしまいます。血液の流れが悪いとメラニン色素がきちんと排出されず、しみ(シミ)の原因となってしまします。
また活性酸素も大量に発生してしまいます。体内の活性酸素は色素細胞を刺激するホルモンを分泌させてしまうので、しみ(シミ)の一因となります。

この他に洗顔やマッサージで肌をこすりすぎたりすると、色素細胞が沈着してしみ(シミ)の原因となることもあります。

リセルクリニックのしみ(シミ)治療

しみ(シミ)ができてしまったら、もう「消えない」と思って諦めていませんか?
当院ではお肌の状態やご希望をお聞きしたうえで、ご提案をしていきます。どうぞご相談ください。

ケミカルピーリング | イオン導入 | プラセンタ注射 | リマーレクリーム | ハイドロキノンクリーム | トレチノインクリーム | 高濃度ビタミンC美容液 | アスタキサンチンジェル